喜びよりも、そのあっという間の治療に驚いた包茎治療

僕はずっと長い間包茎について一人ずっと悩んできました。
自分が包茎だと気づいたのは中学生の頃修学旅行で皆で大浴場に入ったときのことでした。
一緒にいたクラスメート達に包茎だと馬鹿にされ、その言葉に周りのクラスメートのペニスを見てみるとみんなしっかりと包皮がむけていて、違うのは自分だけなのかと酷く落ち込み、それ以来銭湯や温泉に行く事も出来なくなってしまいました。
それからずっと僕は自分のペニスがコンプレックスになってしまい、そのことが原因で女性と交際することも出来ずに30代を迎えてしまいました。
けれど30代になり、このままでは一生僕はこうやって独り身で過ごさなければならないと不安に思い、僕は思いきって包茎治療を受けることにしました。
インターネットで探してみると、家から二駅ほどのところに包茎治療で有名なクリニックがありました。
しかもそこは駅からも近く、夜も遅くまで開いているので仕事帰りでも立ち寄ることが出来ると知り、僕は平日の仕事終わりに早速そのクリニックに足を運んでみました。
担当の先生はとても気さくな方で、何も心配する必要はないと言ってくれました。
そして手術の方も全然難しいものではなく、あっという間に終わってしまうとのことでした。
手術の日を決め、当日緊張しながらクリニックへと向かったのですが、終わってみると先生が言っていた通り本当にあっという間でした。
時間にすると四十分程度で、痛みの方もまったくありませんでした。
その後、再度クリニックへと通う必要もなく、たったの一度の手術で包茎治療が終了しました。
こんなにも簡単にすんでしまうのならもっとずっと前にしておけば良かったと、嬉しさよりも後悔の方が先立ってしまったほどでした。
けれどお陰でそれから僕は自分に自信が持てるようになり、三十過ぎてしまいましたが、念願の彼女を作ることも出来ました。
今では自分のペニスを見る度に嬉しくさえなってしまいます。
これからはこれまでの日々を取り戻すように毎日を生き生きと暮らしていきたいと思います。