包茎治療の料金について

包茎治療についての情報を収集しようと口コミサイトなどを見ると「真性包茎やカントン包茎は保険が適用されるから手術料金が安く済むけれど、仮性包茎は保険が利かないから料金が高くつく」といった内容の書き込みをよく目にします。
たしかに、真性包茎やカントン包茎には保険が適用されますが、実は真性包茎やカントン包茎のすべての手術に対して保険が適用されるわけではありません。
この点を勘違いしてしまうと自分が思っていたよりも多額の治療費がかかってしまうことになるので注意が必要です。
真性包茎やカントン包茎の手術料金に保険が適用されるのは、「泌尿器科で手術を受けた時だけ」です。
ですから、大学病院や総合病院の泌尿器科で手術をうけるときには保険が適用されますが、包茎専門のクリニックで手術を受けると保険は適用されません。
ちなみに、保険が適用された時の手術料金は一般的に(追加的な手術がなければ)数万円となりますが、保険が適用されないと20万円から30万といったところが多いようです。
ですから、安い料金にこだわるならば泌尿器科で手術をうけることになるわけですが、泌尿器科での手術には欠点もあります。
それは包茎手術があくまでも病気の治療としての手術であり、美容的な概念が薄いということです。
泌尿器科で手術を受けると陰茎に手術跡が残ってしまったり、包皮の切除により繋ぎ目の色が不自然になってしまうことがあります。
こうなってしまうと性行為の時に恥ずかしさを感じるという人も出てきてしまいます。
その点、包茎専門クリニックでは美容的な手術をしてくれるので、仕上がりがとても綺麗です。
切除のキズがうまく隠れるのように調節してくれたり、縫合部分を目立たなくしてくれたりといった配慮をしてくれます。
その分、料金は高くなってしまいますが、後々のことを考えて料金は高くても包茎専門クリニックで手術を受けるという人もたくさんいます。
さて、仮性包茎ではどこで手術を受けても保険は適用されません。
これは、仮性包茎は病気ではなく放っておいても問題がないからです。
ちなみに、仮性包茎の手術料金は一般的に10万円から20万円程度となっています。