包茎治療グッズで治す

仮性包茎の人の中には「手術を受ける気はないけれど、包茎治療グッズで包茎が治るなら試してみたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。
最近はいろいろと新しい包茎治療グッズも登場していますし、価格も手頃なものが多いですから、試してみるのも良いかもしれません。
包茎治療グッズで昔からよくあるのが、下着タイプの治療グッズです。
昔の漫画雑誌などの広告でビガーパンツという商品を見たことあるという人もいるでしょう。
包茎矯正下着はパンツの内部に矯正器具が取り付けられているもので、矯正器具に陰茎を挿入して固定することで包皮が剥かれて亀頭が露出した状態を保持します。
パンツを履くだけという手軽感はありますが、股間の部分がゴワゴワして履き心地がよくありません。
以前のタイプはデザインが悪くて下着姿になると違和感がありましたが、現在ではデザイン面での改良も進んでいるので、すぐにバレてしまうということはないでしょう。
現在もっともよく使われているのは、おそらくリングタイプの矯正グッズではないかと思います。
これは余分な包皮を陰茎の根本に寄せ集めた状態でリングで固定し、亀頭を露出させるというものです。
亀頭を露出させ続けることで向き癖を付けるのが目的ですが、安物の商品は伸縮性がないためうっ血することがあり注意が必要です。
また、人前で裸になると装着していることがすぐにバレてしまいます。
バレるのが嫌なら、接着剤タイプの矯正グッズがお勧めです。
このタイプでは接着剤で余分な包皮を固めて亀頭を露出させるため、リングのように外から見ても分かりません。
この他にも包茎治療グッズには様々なタイプの商品がありますが、使用の際には注意も必要です。
まず、軽度の仮性包茎にしか効果が期待できないという点です。
また、安全面での問題もあります。
リングタイプでは強く締め付け過ぎるとうっ血することがありますし、接着剤タイプでは皮膚が炎症を起こしてしまうことも考えられます。
そして何よりも、包茎治療グッズは効果がかならず出るというわけではないということです。
ただ、価格が安いですから「効果があればラッキー」くらいの感覚で使うのが良いでしょう。