予想と全然違った包茎治療

包茎治療の体験をしたことがあるのですが、私が思っていた治療とは全く異なった治療となっていました。
それは良い意味で予想と違ったという意味で、私の友人にも包茎治療を受けた人物がいます。
その友人の話では包茎手術はかなり痛いものという説明だったのですが、実際に受けてみるとほとんど痛みは感じませんでした。
それもそのはずで、友人が手術を受けたのはかなり昔のことで、私が受けたのはごく最近の話です。
その間にも包茎治療の分野は進歩をして、日々進化していたのです。
その進化の中には無痛治療の進化もあるでしょう。
このように包茎治療が進化した現在においては包茎治療はしっかりと事前確認をしていれば、おそれるようなものではなかったのです。
それに私が驚いたのは術前のカウンセリングです。
カウンセリングとは術前にどのような手術が最適か、患者の状態はどのような感じか、など色々な部分を吟味するためのものです。
とても丁寧で優しい言葉でカウンセリングをしていただき、カウンセリングが終わったころにはカウンセリングをしてくださった先生がいるこのクリニックで手術しよう、という思いがすでに固まっていたのでした。
そして、現在は手術に成功し、包茎のコンプレックスを克服した自分がここにいるのです。
手術後の痛みはかなり気になっていた部分ですが、私の体質もあってかそのようなものはほとんどありませんでした。
術後に傷口が開いてしまわないようにかなり注意したくらいで、特にそれ以上大変なものはありませんでした。