体験談と感想

私は、昨年に近所にある専門医院で包茎治療を受けました。
もっと以前から自分が包茎であることを十分理解していたのですが、手術をすることに対する恐怖心が強く、なかなか治療を受ける決心がつきませんでした。
そんな折、切除をしない手術があるということを雑誌を読んで知り、これならできるかもしれないと考え、近所の評判が良い病院に行って相談してみました。
包皮の切除をしない処置方法とは、余った包皮を人工的にたわませてしわを作り、亀頭を露出させるという処置でした。
整形手術の二重瞼を作る処置と同じ要領ということでした。
これなら大丈夫だろうと考え、手術を受けることに決めました。
手術の当日、かなり不安を抱えながら病院に足を運びました。
手術自体は予想以上に短時間で終わり、痛みもほとんど感じることなく終えることができました。
数時間ののち、包帯を取って自分の一物を見ると、予想以上に跡が残っていなかったので、ほっとしました。
その後、コンプレックスを感じる必要がなくなり、手術を受けて良かったと振り返ります。