包茎治療を費用別に紹介

真性包茎やカントン包茎ならば治療を受けるのは当然ですが、仮性包茎の人は特に日常生活に問題があるわけではないですから、治療する必要はないわけです。
しかし、もし費用が安く済むのならば包茎治療をしてみたいという人も多いのではないかと思います。
包茎治療というと一般的なのはやはり手術ではないかと思います。
ただ、真性包茎やカントン包茎は保険が適用されるにもかかわらず、仮性包茎の場合は保険が適用されないので費用的にどうしても高くなってしまいます。
安いところでは5万円から10万円で手術をうけることができる病院もあるのですが、平均では20万円近い費用が必要になってきます。
「ちょっと高いな」と感じてしまう人も多いでしょう。
もう少し手軽な包茎治療を希望するならば、矯正器具を使った包茎治療はどうでしょう。
治療できるのは軽度の仮性包茎に限定されますが、数千円から1万円台の費用で包茎治療できるので、できるだけ費用を安く済ませたいという人には最適でしょう。
矯正器具には様々な種類がありますが、よく知られているものに矯正リングがあります。
これは陰茎にリングを装着して余分な包皮を陰茎部に集めて固定するもので、これによって常に亀頭が露出した状態を保持します。
接着剤タイプの包茎矯正器具もあります。
これもリングタイプと原理は同じで、接着剤で余った包皮を接着し、亀頭を常に露出させることで包茎を治療するものです。
下着タイプの矯正器具もあります。
これは下着と矯正器具が一体化したもので、下着に装着されている矯正具に陰茎を固定して亀頭を露出させるものです。
いずれの方法も、包茎では常に包皮に覆われている亀頭を露出させて剥け癖をつけるのが目的ですが、同時に亀頭が絶えず刺激を感じているため、早漏や短小といった悩みの解決にも役立つことがあります。
こういった器具を使った包茎治療は年齢が若いほど治療効果が大きくなると言われているので、なるべく早いうちに試したほうが良いでしょう。