病気のリスクを減らす

包茎治療を行うことの良いことのひとつは、このような包茎が原因で起こる病気の発症を軽減させることができることです。
実は包茎の人がかかりやすい病気があるのです。
最も発症しやすいのが、亀頭とその周りの包皮が細菌に感染して起こる亀頭包皮炎です。
包茎の人は、亀頭と包皮の間に細菌が溜まりやすいことから亀頭包皮炎が発症しやすくなります。
亀頭包皮炎を発症させないためには、常に亀頭周辺を清潔に保っていなければなりません。
また、包茎治療を行うと、亀頭と包皮の間に最近が溜まりにくくなるので、結果的に亀頭包皮炎を防ぐのに有効です。
もし有効な手段を取らずに、亀頭包皮炎などの炎症を度々繰り返していくと、こんどは閉塞性乾燥性亀頭炎というペニスの先の皮膚が硬くなり、排尿が困難になる病気を発症したり、さらに悪化すると、尿路感染症や陰茎ガンにまで発展したりする恐れもあります。
そう考えると、包茎は軽く見ることができない病気であることがわかりますね。